News

Meteor Inkjet社はEPSON社のPrecisionCoreテクノロジーによる新型プリントヘッド用 駆動基盤およびソフトウェアをリリースします。

Cambridge, UK, 2019/09/30

Epson S3200_front.jpg産業用インクジェットヘッドドライバ、ソフトウェア
ツール、サービスのリーディングサプライヤーであるMeteor Inkjet社は, EPSON S3200 PrecisionCoreプリントヘッド用ドライバカード”HDC-ES3200”の発表により製品ポートフォリオをさらに拡充しました。

2019年5月にFESPA Global Print Expoでエプソンによって発表されたPrecisionCoreプリントヘッドは卓越した画像品質、生産性、耐久性、およびプリントヘッド拡張性において差別化された技術を実現しています。

EPSON EUROPEの副社長でありプロフェッショナル・プリンティング&ロボティクス責任者のDuncan Ferguson氏は次のように述べています。”EPSONは従来のアナログ印刷からデジタル印刷への変更を検討している多くのお客様へ出来る限りのソリューションを提供することを目標にしてきました。弊社のプリントヘッドをシームレスに採用するための最善の方法は、お客様が産業用インクジェットの豊富な経験を持ち、かつ技術的に優れた企業と連携することだと考えてきました。堅牢で信頼性の高いプリントヘッドエレクトロニクスとソフトウェアを世界中のマーケットへ提供してきたMeteor Inkjet社の長年の実績により、私たちの顧客が長年の目的を達成できると確信しています。

Meteor Inkjets社のManaging DirectorであるClive Ayling氏のコメント;
”Meteor Inkjet社はS3200プリントヘッドを駆動するためのヘッド来ドライバとソフトウェアの開発において、エプソンとのフレキシブルな関係を構築してきました。
このプリントヘッドが提供する可能性に興奮しており、今後のプリントヘッド開発においてエプソンと協力するさらなる機会を楽しみにしています。”

Meteor Inkjet社について 
Meteor Inkjet Ltd
(www.meteorinkjet.com) は産業用インクジェット用ドライバボード、
ソフトウェア、各種ツール、およびサービスの独立系リーディングサプライヤーです。 Meteor Inkjet社は主要な産業用インクジェットプリントヘッドメーカーと緊密に連携し、世界中のプリンターOEMに量産機へ即座に使用可能なソリューションを提供しています。英国ケンブリッジに本社を置くMeteor Inkjet社はGlobal Graphics plcの完全子会社です。

EPSONについて 
エプソンは、人、物、情報を効率的にコンパクトかつ精密な独自の技術でつなぐことに専念するグローバルなテクノロジーリーダーです。 インクジェットプリンターやデジタル印刷システムから3LCDプロジェクター、時計、産業用ロボットに至るまでのラインナップ
で、同社はインクジェット、ビジュアルコミュニケーション、ウェアラブル、ロボット工学におけるイノベーションの推進と顧客の期待を超えることに注力しています。


日本に本拠を置くセイコーエプソン株式会社が率いるエプソングループは、世界中85社81,000人以上の従業員で構成され、事業を展開しているコミュニティへの貢献と環境への影響を減らすための継続的な取り組みを続けています。

Epson Europeについて  
アムステルダムに本社を置くEpson Europe B.V.は、ヨーロッパ、中東、ロシア、アフリカ各国における、グループ内本社機能となります。1,830人の従業員によるEpson Europeの2017年度の売上は17億ユーロでした。
www.epson.eu 

お問い合わせ先 
Tracey Brown
Director of Strategy & Marketing, Meteor Inkjet Ltd
+44 34 584 40012
Email: marketing@meteorinkjet.com

Bruno Rost 
PR Manager, Corporate Epson Europe B.V. 
+44 144289 8163

Email: bruno.rost@epson.eu