プリントヘッドの波形。1つのサイズですべてをカバーすることはできません

アプリケーションに特化したインクジェットヘッド波形の必要性。

概要

オーダーメイドのスーツを購入するためにテーラーを訪れたことのある人なら誰でも、この上ない喜びを味わうことができることをご存知でしょう。スタイルや生地はその時々に合わせて選ぶことができますが、職人の手によって形作られるオーダーメイドのフィット感こそが、すべての違いを生むのです。例えるなら、インクジェットのプリントヘッドを駆動させるのに、既製品の電気波形を使うことができるのに対し、オーダーメイドの波形は、それ以上のものを提供します。

商業用ラベルに求められる優れた印刷品質から、セラミックタイルの装飾に必要な非接触の堅牢性、プリンテッドエレクトロニクスに求められる精密な成膜能力まで、プリントヘッド、液体、基板の特定の組み合わせに対して波形を調整することは、材料開発企業、インクベンダー、プリントシステムOEMにとって成功への鍵となります。波形を駆動するプリントヘッドによって制御されるインク吐出は、画像プロファイリングなどのソフトウェアによる介入と同様に、画質、プリントシステムの生産性および噴射の信頼性に大きく貢献します。

ホワイトペーパーをダウンロード

著者紹介

トレーシー・ブラウン
マーケティング担当副社長

マシュー・プレン
プロダクトマネージャー