サージウェア - 医薬品

MeteorインクジェットのeLabとMetPrintソリューションの使用により、大手医療機器メーカーG Surgiwear Ltd社は、画像処理の高速化と可変データによるパッケージ印刷の高速化を実現し、印刷装置のスループットを高め、結果として納期を大幅に改善することができました。

主要データ

  • G Surgiwear Ltdは、インドを代表する医療機器メーカーです。
    Surgiwear社は、京セラのプリントヘッドを3基搭載したリールtoリール、ヘッドオーバー基板、UVプリンターですべてのラベルを印刷しています。
  • Surgiwear社は約300種類の製品を製造しており、世界50カ国以上に輸出しているインド唯一のインプラントメーカーです。

チャレンジ

インドの大手医療機器メーカーG Surgiwear Ltd.は、リールtoリールラベル印刷機のスループットを向上させたいと考えていました。病院や医療業界で使用される無菌製品に印刷するために設計されたこの印刷機には、Meteor Inkjetエレクトロニクスで駆動する京セラのプリントヘッドが3台設置されています。パウチの包装紙に直接印刷することで、ラベルを使用する必要がなくなり、ラベルのコストと印刷だけでなく、ラベル印刷と貼付のためのスペースのコストも削減することができました。

この印刷機は標準的な印刷で3,000ページ以上を印刷することができますが、パッケージごとに固有の識別番号、QRコード、ロット番号、製造日、賞味期限など、さまざまな量の可変データがあるため、処理に非常に時間がかかっていました。

Surgiwear社の創業者であるG D Agrawal博士のコメントです。「このような大量のバリアブルデータを扱うため、現在の印刷機は遅かったのですが、ビジネスが急速に成長しているため、リードタイムを処理するために、より速いスループットが必要でした" と。

このプロジェクトは、Meteorインクジェットにとって2つの難題を突きつけました。
- まず、SurgiwearはPDFを縦向きで印刷するため、Meteorはそれを横向きに移動してプロジェクトに取り組む必要がありました。
- 次に、現在のRIPはCMYKの4色で出力されますが、Surgiwearはシアンとブラックの2色で印刷する必要がありました。

ソリューション

Meteor Inkjet社は、開発者が独自のカスタマイズRIPを作成、テスト、製造できるMeteor社のRIP開発ソフトウェアパッケージ「eLab Connect」を提供しました。eLab Connectは、高速インクジェット印刷に特化して設計されており、市場最速のRIPであるHarlequin RIP®をベースにしています。また、印刷ソリューション「MetPrint」も展示しました。シングルパス印刷機用に設計されたMetPrintデジタルフロントエンドは、ラベルやパッケージ、セラミックタイル、製品装飾、テキスタイル印刷機などの用途に特化した機能を多数搭載しています。eLabとMetPrintは、いずれもMeteor Inkjetのエレクトロニクスおよび業界をリードするプリントヘッドとシームレスに連携します。

Meteorのエンジニアは、eLabを使ってSurgiwearのPDFファイル内の可変データを分析し、通常100ページずつ見るところを、10ページずつしか見ないようにRIPを設定することで、より速いスループットを達成することができました。

また、Meteorのエンジニアは、Surgiwear社の印刷オペレーターが2色または4色で印刷できるように、ソフトウェアの適合とユーザーインターフェースの再設定を行いました。

結果

Surgiwearは、500ページ印刷するのにかかった時間と同じ時間で3,700ページ以上印刷することができ、フル稼働で高速に印刷できるようになりました。印刷速度は1分間に20~30メートル(1秒間に50センチメートル)にもなりました。

パーソナルサービス
Agrawal博士は続けます。「私たちは、Meteor Inkjetのエンジニアと密接に仕事をしました。Meteor社は、私たちのニーズを本当に理解してくれていると感じられる、パーソナルなサービスを提供してくれました。現在では、カスタマイズされたソリューションによってスループットが向上し、厳しいリードタイムにも対応できるようになり、ビジネスも成長しています」と述べています。

スージウェアについて

インドのシャジャハンプールに拠点を置くG Surgiwear Ltdは1982年に設立され、現在では頭蓋形成用インプラントから使い捨ての手術着まで、300以上の革新的な医療器具を製造しています。業界のリーダーであるサージウエア社は、インドとその周辺諸国における最大のインプラントメーカーであり、世界の人口のほぼ4分の1が同社の水頭症シャント(体液の蓄積によって生じる脳への圧力を緩和する医療機器)で治療を受けています。

詳細については、www.surgiwear.co.inをご覧ください。