CADIS Engineering GmbH

Meteor InkjetエレクトロニクスとGlobal Graphics Software社のHarlequin RIP®コアをカスタムビルドのプリントソリューションに導入することで、CADIS Engineering GmbH社は市場投入までの時間とコストを削減し、明確な競争優位性を手に入れました。

主要データ

  • CADIS Engineering GmbHは、OEM向けにカスタムプリンターを製造しており、用途に合わせてあらゆる機能を改造・カスタマイズしています。
  • CADISは、エプソン、ディマティックス、セイコーインスツル、京セラを含む様々なプリントヘッドを駆動するために、Meteorインクジェットエレクトロニクスを導入しています。
  • 用途としては、医薬品、ダイレクトtoシェイプ、グラフィックアート、自動車、パッケージングなどがあります。

チャレンジ

産業用ハイエンドインクジェットプリンターの製造に着手したことで、カスタムプリントソリューションプロバイダーのCADIS Engineering GmbHは、その戦略を見直す必要に迫られました。

CADIS社のCTOであるArne Ditscher氏は、次のように説明します。「元々、当社はグラフィックアート業界向けのプリンターを製造していたため、RIPpingとプリプレスは常にお客様によって実施されていました。しかし、産業用インクジェットの分野に進出したことで、デジタルフロントエンド(DFE)やデータワークフロー、プリントヘッドのエレクトロニクス、最終的な印刷までを含む完全なソリューションを提供することができるようになったのです。
最終的な印刷に至るまで、一貫したソリューションを提供できるようになりました。

CADISは、業界全体の専門知識を持ち、柔軟でモジュール化された普遍的なソリューションを提供する会社と協力することを必要としていました。
どのカスタムプリンターでも使えるような、柔軟でモジュール化された普遍的なソリューションを提供する、業界全体の専門知識を持つ会社と協力する必要がありました。アルネが続けます。「私たちは、インライン補正や印刷データ処理など、現在および将来の要件を満たす、電子機器と互換性のあるソフトウェアを提供する会社と協力したいと思いました。互いに互換性のない個々のコンポーネントを持つことは、もはや意味がありません。非常に高いパフォーマンスを確保するために、ワークフロー全体にわたる普遍的な戦略が必要でした。

ソリューション

CADISのチームは、Meteor InkjetとGlobal Graphics Softwareのコラボレーションについて耳にしました。両社は互換性のあるソリューションを提供し、両社の製品をスムーズに統合して、Global GraphicsのRIPコアソフトウェアを変更せずにMeteorプリントヘッド駆動電子機器を導入することを可能にします。
ソフトウェアを変更することなく、Meteorプリントヘッドドライブエレクトロニクスを導入することができます。Meteorは主要な産業用インクジェットプリントヘッドをすべてサポートし、新しいプリントヘッドにも迅速に対応しているため、これによってCADISはプリントヘッドの選択に柔軟性が生まれ、RIPへの影響を最小限に抑えながらプリントヘッドのモデルを切り替えることができ、結果として開発スケジュールにも影響を与えることができるようになります。また、1台の印刷機に複数のベンダーやモデルのプリントヘッドを混在させることも可能です。このような柔軟性と拡張性があれば、優れた製品を迅速かつ低コストで市場に投入することができます。
迅速かつコスト効率よく市場に送り出すことができるのです。

CADISはまず、Global Graphics SoftwareのHarlequin RIP CoreとScreenPro™スクリーニングソフトウェアとともに、Meteorのエレクトロニクスを導入しました。Arneは次のように説明します。「Harlequinは、ダイレクトtoシェイプ印刷、グラフィックアート、製薬業界など、さまざまな用途に応じて簡単に実装したりソフトウェアに組み込んだりできるため、Harlequinの使用には大きな利点があります」。

結果

Meteor InkjetとGlobal Graphics Softwareの互換性のあるコンポーネントを使用することで、CADIS
拡張性のあるシステムをお客様に提供することができます。
システムを提供できるようになりました。CADISは、1種類のプリントヘッドを備えた基本システムを提供することができ、異なるアプリケーションのために異なるタイプのプリントヘッドに簡単に切り替えることができます。
アプリケーションに対応できるようになりました。

Arneのコメントです。「新しいプリントヘッドの切り替えやテストがとても簡単にできるようになりました。特定のプリントヘッドに特別な電子機器が必要な場合でも、DFEに統合または組み込まれた同じソフトウェアを使用することができます。
ソフトウェアを使用することができます。そのため、新しいプリントヘッドの初期テストを非常に迅速かつ容易に行うことができます。
新しいプリントヘッドを使った初期テストは、非常に迅速かつ簡単に行えます。これは、私たちが独自のエレクトロニクスを開発した場合とは異なります。
なぜなら、長い開発期間が必要になるからです。テストには多くの時間と労力が必要です。
Meteor InkjetとGlobal Graphics Softwareとのパートナーシップは、私たちの開発プロセスにとって非常に有益なものです。
プロセスです。"

卓越したサポート力
しかし、同社の成功の要因は、製品間の互換性だけではありません。
しかし、同社の成功の決め手となったのは、製品間の互換性だけではありません。両製品のテクニカルサポートの窓口を一本化することで、利便性が向上し、開発期間の短縮につながったとCADISは考えています。
開発期間の短縮につながりました。

Meteor Inkjet社の技術・商業コンサルタントであるMartin Duda氏のコメントです。「Meteor InkjetとGlobal Graphics Softwareは、すべてのコンポーネントのコード行にアクセスできるため、この市場において独自の地位を築いています。我々の顧客は、RIPコアなどの機能をサードパーティサプライヤーに要求する必要がなく、既に持っているので、より迅速な処理が可能です。"とコメントしています。

CADIS Engineering GmbHについて

CADIS Engineering GmbH は、自動車、パッケージング、医薬品、グラフィックアート業界などの市場向けに、ハイエンドでカスタマイズされた産業用インクジェットソリューションを製造しています。同社は、ダイレクトtoシェイプ、ウェブ状、シート状の素材を対象としたインクジェット印刷用の完全または部分的に統合された特殊機械の開発、製造、販売を手がけています。CADIS Engineering GmbHは、電子部品・デバイス、太陽電池モジュール、リチウムイオン電池の製造において世界有数の技術プロバイダーであるManz AGの傘下企業です。

詳細については、www.cadis-engineering.deをご覧ください。