COVID-19」危機でも「流星号」は活躍し続ける

2020年3月18日

このような厳しい状況下でも、Meteorは注文を受け付け、対応し、カスタマーサポートを続けています。

COVID-19のパンデミックほど急速に発生し、拡大した危機に業界が直面したことは、かつてありませんでした。 これを受けて、Meteorのアクションプランには複数の目的がある。

  • お客様、パートナー、従業員の健康や安全を守るため
  • 適用されるすべての政府ガイドラインを遵守し、責任を持って行動すること。
  • 中断のないサポートと支援を提供することにより、お客様やパートナーの事業継続を確保すること。
  • 革新的なハードウェアとソフトウェアの開発を遅滞なく継続すること。

今後数週間、多くの社員が在宅勤務となりますが、当社のインフラはグローバルに分散した社員をサポートするように設計されており、お客様やパートナーの皆様が期待する素晴らしいサービスに何ら変わりはございません。 この間、Meteor社への連絡は通常通り可能です。