サステナビリティと
企業の社会的責任

持続可能性を核に、メテオインクジェットは人、利益、地球を大切にしています。 

コミットメント

真にサステナブルな企業を目指して

Meteorは、包括的な持続可能性開発計画を策定し、カーボン・ネガティブな未来に向けた取り組みを行っています。

Meteorの英国本社では、100%再生可能エネルギーを使用しており、オフィスの暖房にかかる残りの二酸化炭素排出量と、英国在住の全従業員の家庭での二酸化炭素排出量推定値を相殺する制度に貢献しています。さらに、従業員の二酸化炭素排出量を削減するために、自転車通勤制度や電気自動車制度、在宅勤務の支援も行っています。

Meteorは、自然環境を尊重し、大切にし、すべての人の遺産である自然資源を故意に損傷したり、汚染したりしないようにします。事業の性質上、Meteorはほとんど物質を消費せず、汚染物質があったとしてもほとんど生成しません。同社は、研究所から出る可能性のある汚染物質の処理に承認された方法を使用し、承認されたWEEEスキームのメンバーでもあります。B2Bコンプライアンス

Meteorのサステナビリティプランには、実行可能な方針が盛り込まれています。

Meteorの目的によるインパクト

インクジェットは、従来のアナログ印刷に代わる技術として、廃棄物が少なく、ジャストインタイム生産が可能で、より持続可能な原材料を使用できることから、その使用を推奨しています。

メテオでは、すべての基板スクラップをリサイクルすることで、金などの貴金属を回収して再利用し、残った基板は有害な副産物が環境に放出されないように処理することを推奨しています。電子機器のリサイクルについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Meteorのビジネスを通じて影響を与える

メテオは、社員が地域社会のプロジェクトや活動に参加することを奨励しています。メテオのチャリティーチームは、意欲的な募金目標を達成するため、頻繁にイベントを開催しています。メテオは、従業員1人当たり年間1日の休日を慈善活動に充てることができ、「give as you earn」制度を推進しています。メテオはCAFからプラチナ・ペイロール・ギビング・クオリティ・マークを授与されている。

サプライチェーンを通じた影響

メテオは、持続可能で責任ある組織となり、人々と環境に良い影響を与えるよう努めています。エレクトロニクス製品のメーカーとして、私たちは多くの供給元から部品を調達しており、私たちのサプライチェーン全体で使用される材料が責任ある方法で調達されていることを要求しています。 メテオのサプライヤは、国内および国際的な法律と規制を遵守し、サプライチェーンの上流でも同様の規制を遵守するための管理システムを維持しなければなりません。 メテオの責任ある鉱物調達方針を読む。

Meteorは国連の「持続可能な開発目標」を支援しています。

「取締役会として、私たちは環境と従業員に対する責任を強く意識しています。 事業を通じてサステナビリティの目標を推進することは、将来の世代にとって正しいことであるだけでなく、ビジネスとしても有意義なことです。 たとえば、パッケージングやテキスタイルなど、私たちの主要な成長市場の多くでは、環境要因が市場の発展に影響を及ぼしています。当社の環境認証を向上させることは、デジタル生産への移行が進むこれらの市場の拡大に対する当社のコミットメントを示すものです。"

ハイブリッド・ソフトウェア・グループ 取締役会長 Guido Van der Schueren氏

 

関連資料の検索

メテオ持続可能性ロードマップをダウンロードする。

ダウンロード

メテオの責任ある鉱物調達方針のコピーをダウンロードしてください。

ダウンロード