エグゼクティブ・チーム

 

Meteorのエグゼクティブチームをご紹介します。

クライヴ・エイリング

常務取締役

クライブは産業用インクジェット業界ではベテランとして知られ、20年以上にわたってさまざまなデジタル印刷の開発と導入を主導してきた。2005年にTTP Meteor社(現Meteor Inkjet Ltd)を共同設立し、2016年にはGlobal Graphics plcによるMeteor社の買収に伴い、マネージングディレクターに就任しました。 Meteor Inkjet社に入社する前は、The Technology Partnership社のコンサルタントとして、またそれ以前はSchlumberger Industries社の研究開発エンジニアとして、キャリアの大半を過ごしました。ケンブリッジ大学で物理学の学位を取得。 クライブは日常的な管理を行い、持続可能な発展を目指すメテオの推進を促し、議長を務めてきた。また、メテオの持続可能性タスクフォースの議長を務め、ハイブリッド・ソフトウェア・グループのESGリーダーに任命された。 

トレーシー・ブラウン

マーケティング担当副社長

トレーシーはHP社で最初の15年間をマネジメント、マーケティング、エンジニアリングの職務で過ごした。1999年に米国から英国に移住し、プリンテッド・ポリマー・エレクトロニクスのパイオニアであるPlastic Logic社の設立に携わった。その後、産業用インクジェット・インテグレーターの大手であるゼニア・テクノロジー社の事業開発担当副社長に就任した。 2015年にMeteor Inkjet社に入社。 欧州特殊印刷製造業者協会の理事を務める。ケンブリッジ大学ジャッジ・インスティテュートでMBAを、北コロラド大学で物理学と数学の学士号を取得。Chartered Management Instituteのフェロー、Chartered Institute of Marketingのフェローであり、メテオのサステナビリティ・タスクフォースのメンバーでもある。

グラハム・ヒックモット

財務・業務担当役員

ジョンソン・マッセイ社やナップ社など、様々な企業の財務を担当してきたグラハムは、様々な業界の製造オペレーションのバックグラウンドを持ち、継続的な改善を重要視しています。 彼は、継続的な改善を重要視しており、常にMeteorの財務、パフォーマンス、オペレーションを改善するよう心がけています。 グラハムは、Meteorの姉妹会社であるグローバル・グラフィックス・ソフトウェアに勤務した後、Meteorに迎え入れられました。 会計と財務を専門とするビジネスマネジメントの学位と、応用会計の学位を取得しています。

デビッド・ホーン

エンジニアリング担当バイスプレジデント

産業、医療、航空宇宙など幅広い分野で電子・電気機械製品の開発に携わり、豊富な経験を持つ。Meteorのドライブエレクトロニクスソリューションの責任者として、顧客のニーズを満たす高品質な製品開発をリードしている。 Meteor社入社以前は、TTP社でエンジニアリングコンサルタント、GEアビエーションシステムズ社で電子機器設計エンジニアとして勤務。ノッティンガム大学で電気電子工学の修士号(MEng)を取得し、公認エンジニア、Institute for Engineering and Technologyのメンバーでもあります。

ジョナサン・プール

ソフトウェア担当副社長

ジョナサンは約30年間、ソフトウェア開発に携わってきました。 プロオーディオでキャリアをスタートさせた後、テクノロジー・パートナーシップに参加し、銀行システム、エネルギー監視、産業オートメーション、ZigBee無線など様々な分野に携わりました。 2008年よりMeteorに在籍し、Meteorのソフトウェア開発チームを率いる。 ケンブリッジ大学で数学の学位を取得。

ジョナサン・ウィルソン

営業担当副社長

ジョナサン(JW)は、20年以上にわたってデジタル印刷業界に携わってきました。印刷に情熱を注ぎ、商業印刷会社のアナログからデジタルへの移行を支援してきた実績があります。2016年からMeteorインクジェットに在籍するJWは、製品装飾、パッケージング、ラベリング、セラミック、テキスタイルなどのアプリケーション分野における産業用インクジェットの導入と統合を容易にすることに注力するグローバル営業チームを率いています。 Meteor以前は、Global GraphicsとXeroxで、経営、事業開発、マーケティング、技術サポートの職務に就いていました。レスター大学でMBAを、ハートフォードシャー大学でコンピュータサイエンスの優等学位を取得しています。