会社概要

Meteorは技術的な専門知識と革新性で知られ、プリントヘッドメーカーやプリントシステムビルダーから信頼を得ています。

確かな実績と一流の血統

産業用インクジェットのノウハウとイノベーション

Meteorは、産業用インクジェットエレクトロニクス、ソフトウェア、ツール、サービスを提供する世界有数の独立系サプライヤーです。技術的な専門知識と革新性で知られるMeteorは、プリントヘッドメーカーやプリントシステムビルダーから厚い信頼を獲得しています。Meteorは数十年にわたり、デジタル印刷を支える基本的な科学と工学を深く理解することに成功しました。この専門知識を市場の洞察力と融合させ、Meteorは堅牢で費用対効果が高く、将来性のある製品を提供しています。

活況を呈する輸出市場によって、Meteorは目を見張る成長を遂げ、世界44カ国以上に顧客を持つようになりました。その卓越した成功が認められ、Meteorは2019年に栄えある「Queen's Award for Enterprise」を受賞しました。世界最大の産業用インクジェットクラスターの1つである英国ケンブリッジに本社を置き、中国、米国、日本、韓国に販売・サポート施設を持つ同社は、世界中の顧客ベースにサービスを提供するのに適した立場にあります。

Meteorは、ハイブリッド・ソフトウェア・グループ(Euronext: HYSG)の100%子会社です。

 

タイムライン

2006

テクノロジー・パートナーシップにより「メテオ」プロジェクトが正式に発足。 Xaar「Leopard」プリントヘッド用ドライブエレクトロニクスを開発。 メテオが最初の顧客と契約:ジェットリオン

2007

Spectra」(現:FUJIFILM Dimatix)プリントヘッド用駆動電子部品を開発、納入。

2008

メテオは台湾と日本で最初の顧客を獲得。 ヨーロッパを代表する化粧板機械サプライヤー、ヒュムン社がメテオの顧客となる。

2009

東芝テック、京セラとの提携により、Meteorは世界で最も幅広い産業用プリントヘッドのドライバーソリューションを提供します。

2011

セイコーインスツルのプリントヘッド用駆動電子部品を開発・納入しています。

2012

Meteorが中国に進出 リコー製プリントヘッド用駆動電子部品を開発、納入。

2013

Meteorは、セラミックタイル印刷機用電子機器の世界最大の独立系サプライヤとなる。 イーサネットベースのプリントコントローラを発表。

2014

Meteorは、提供するソフトウェアを戦略的に大きく拡大するため、初のデジタルフロントエンドを開発しました。

2015

商業的成功を収め、TTP Meteor Ltd.がTTP Group PLCの100%子会社として登録される。 Meteorの日本での販売を開始

2016

Global Graphics PLCに買収され、社名をMeteor Inkjet Ltd.と改称。 コニカミノルタのプリントヘッド用駆動電子部品を開発、納入。 米国に販売・サポート拠点を設立。

2018

Meteor本社がケンブリッジのハーストンミルに拡張されたオフィススペースと専用ラボに移転。 DropWatcherシリーズを発売。

2019

輸出の優秀性が認められ、クイーンズ・アワード・フォー・エンタープライズを受賞。 韓国での販売代理店契約を締結し、韓国でのプレゼンスを確立する。

2020

エプソンのプリントヘッド用駆動電子部品を開発・納入しています。

2021

従業員の増加に対応し、研究、製造、品質、顧客サポートの要件を満たすため、本社の面積をほぼ2倍に拡張。 姉妹会社のHybrid Software、Global Graphics Software、Xitronとともに、ラベルおよびパッケージングのための完全なエンドツーエンドソリューションであるSmartDFEを発表。

2022

ゼロックスプリントヘッド用ドライブエレクトロニクスを開発。インクジェットノズル状態検出」特許取得メテオ社、インドにセールスアソシエイトを派遣。

2023

メテオは「3Dプリンティングにおけるシェル形成の方法とシステム」に関する特許を取得した。

採用情報

採用情報を見る

ハイブリッドソフトウェアグループ

ビューグループ

サステナビリティ

サステイナビリティーを見る

エグゼクティブ・チーム

エグゼクティブチームを見る

 

会社案内ビデオ

のメンバー:ケンブリッジネットワーク、ESMA、FuturePrint、Picon、Dyndrite Developer Council、Digital Prepress Alliance。